FC2ブログ
2015/04/30

オタキング岡田斗司夫が金欠と週刊文春が報道!大学教授クビの上、はるかぜアプローチ疑惑まで浮上

サブカルの帝王と言っていい岡田斗司夫氏。

愛人リストやその破廉恥な中身が今話題となっている。

テレビでは報道をほとんどされていないが大打撃となっている。

大阪芸術大学からはクビが宣告となったという。

週刊文春記事によると、相当な騒動とまたなりそうだ。

常に愛人や彼氏を探している様子。

それを漫画にされたり、犬山紙子までも騒動に巻き込まれている。

ただ、どこまで本当でどこまでウソか分からないだけに本人が否定をしても岡田斗司夫氏が否定をしないで収束していない。

こんな愛人がいたら嬉しいだろうな。

2015-04-30_110104.jpg

オタキング岡田が話題になっているわけ

発端はフェイスブックなどで女性との写真が発覚。

さらに、愛人リストが流出。

どっちかと言えば、オタクでモテないというイメージだったオタキング岡田。

しかし、実際には次々と出てくる証言で世間から注目をされている。

今までの文化人としての説得力がなくなってきているのは明らかだろう。

おさまったように思われたが今回の週刊文春の報道で更に大きな問題となるかもしれない。

再燃する可能性は十分ある。

今までのイメージとの関係からギャップがあるのは事実だろう。


更に衝撃的なはるかぜツイート

過去に春名風花、はるかぜちゃんのツイートが注目をされている。

その中身が今までは友達だと思っていたおじさんから彼女にしてあげようと言って来たという内容だ。

それがオタキングではないのかというネットの噂が飛び交っている。

さすがに中学生である彼女にそんなこと言うのは良識が疑われるが。

真偽は不明だが、それほどオタキング岡田への攻撃が大きくなっている。

ここまで大きな問題となったことで文化人としての仕事は激減するのではないだろうか。

テレビ番組ではニュースのMIKATAでコメンテーターとして発言をしている内容はスマートだ。

切り口がおもしろい。

だが、それすらも周囲というか雰囲気から考えるといまいち以前のようなリスペクト感がないのも事実だろう。

これをいずれネタとする日がくるのだろうか。

コメント

非公開コメント